二天一流剣術の技と解説

二刀の中段(この構えはほとんど口伝)

㈠、相手から見ると大刀、小刀の長さが同じくらいに見える。

㈠、切っ先(峰)は相手または自分の正中線上にある。